« May 2004 | Main | July 2004 »

June 29, 2004

というわけで、激しく一休み

朝起きたら、左右の耳が聞こえにくい罠・・・多分、寝ている間の歯軋りであごの間接を酷使した影響・・・何回かあるが、これが悩み。

とりあえず、たまらんちんで下位者休んじゃったので、レポでも書くかー

当日、朝7時くらい・・・
機材運搬で前日にレンタカーを借りられず、だめもとで最後の候補のトヨタレンタカーにTEL・・・お!ヴィッツがあるとのことで、早速借りて、機材積み込み・・・AM7:40・・・とりあえず、急ぐ。
パゴダ付近到着。

AM8:40・・・SASHさんにTEL。駅待ち組、川近くのジョナサン集合組と別れたとのこと。急ぐが、一方通行のトラップにハマる。駅待ち組の確認を怠り、TELできず。トラップにハマりながらも駐車場を確認。そして駅待ち組だっためぐみさんからTEL。私を待っていたらしく、すいませんでしたm(__)m。でこちらの状況を伝え、ジョナサンに集合・・・

AM9:00
ジョナサンでRICEさんから詳細説明、その後はしばらくダベリング。私はトイレだけ拝借し、嫌な客を印象づけつつ、AM9:40位にパゴダに全員移動。

車組の私、ゆぅのさんは駐車場を確認しつつ、パゴダ前に乗りつけ、機材をおろす。私は、大きなバッグとスネアケースがメインの荷物。ゆぅのさんはコンガ等、パーカッションな機材がてんこ盛り。演奏メンバー最大量の荷物。みんなで手分けして下ろし、パゴダに搬入。駐車場に車を置きに行く。

AM10:00ちょっと前
戻ったときには、すでに、パゴダ側からの説明が行われていた。その後、早速、タマイバンドのリハのセッティング。ドラムセッティングをサポート。前回のライブで既存の椅子がくたびれまくりだったので、ドラム椅子を持参。

楽屋に荷物を搬入。自分の使用機材のプレセッティング、ツインペダル、カウベル、シンバル4枚、シンバルスタンド2本、スネア、そこに、ミニミキサー、ボイスチェンジャー、ヘッドセットマイクが加わり、プチパニック。

タマイバンドのリハは予定時間で終了、生音主義のセッティングが始まると同時に、12stepのドラムセッティングを始める。この時間的余裕が無ければ、あの機材の量のセッティングは間に合わなかったです。生音主義のリハはPAのバランス取り等、難しい部分もあったようですが、何とかリハ終了。

そして、12stepのセッティング。各パート音が出て必要なリバーブ確認でいきなり曲でPA調整。それはアリなんですかー?。ドラムなんて、各パーツのPA調整なんて一つもやっていないのですが?MC用の出音くらいか?調整したのは。ちょっと納得できないつつも、数曲イントロあたりまでやって、リハ終了。
ここで、時間的感覚を失う・・・

数分で客入れらしいが、なんだかもうよくわからんがトイレで最後の放尿。そして、のど乾き。すでに汗ダク。ウーロン茶で水分補給・・・
客入れ開始!
「MCはウケてくれるだろうか?」を考えつつ、暫し待ち。カシラのRICEさんが挨拶。そして、我々が一番手で登場。MCは、ほとんどすべてのトーク内容がキティーちゃん画用紙に手書きで書き込んで譜面台にセッティングしていました。ボイスチェンジャーもいい感じだったようで、最後のほうは思わず「突ブラ」的トークですいません(笑)。一部の方にウケてもらえてうれしいです。実はボイスチェンジャーのパラメーターはすべて、「突ブラ」パラメーターでした。

さて、演奏ですが・・・ライン録り聴いた・・・テンポはや!唯一、タイムアタックだけは、通常テンポ。ちなみに、テンポ206あたり。他の曲は1割増しちょっとくらい?・・・怖くて計ってません(笑)。
ドラムに焦りが見えてしまうのは今後の課題ですねぇ・・・あと、暑さもあったんですが、スタミナ不足。やっぱり、ちょっとずつでも走りこむのは必要ですね。
やはり、ギターのケンタロウさん、ベースのちょぱ山さんの巧さが際立っていましたね。ほんと、こんなドラムですいません。鍛え直します。
だけど、念願のアーケードゲームの曲を演奏できたのは嬉しいですね。とよしまさんも仕事の納期が間に入って、忙しい中ありがとうございました。SASHさんもほぼ毎週のように上京ありがとうございました。TKさんにはリズム隊特訓でお世話になりました。キメの謎解きで有意義な特訓でした。ほんと、メンバーの皆さんに感謝です。

生音主義
12stepの演奏後でテンション高めで、タマイさん等と楽屋トークでうるさくしてしまいましてすいませんm(__)m。楽屋近くのお客さんに筒抜けでした。
ライブ終了後のテキパキ撤収の準備で機材をしまいつつ、タマイさんがMC原稿を忘れたと(笑)そして笑い飛ばす(爆)
途中から、客席で生音主義を堪能。こりはずるい!デンパソングの新たな方向性を見出した超絶アレンジは最高にグー!。有名になっても、くべさん仲良くしてください(笑)

タマイバンド
やっぱり、バンドとしてまとまってますよ、ここは。どうやったらこうなるのか、おせーてください(笑)。YYZのキメは今のワシにはできません。くにさんのTpの味がいい感じです。また演奏してほしいですね。プリキュアが結構かっこよかったのは新鮮でした。乱入して踊っちゃったし(笑)。ボーカルのなおさん、イイですねー。タマイバンドにもって行かれた!
ライブのある度にメンバーシャッフルというのもアリですが、実は「まとまる」というところは、固定バンドに分があると思います。経験不足もありますが、セッションでいきなり縦が合って、のりが合うのはそうそう無いと思うので、そのへんは固定バンドは重要かと思います。

まあ、前座的に2バンドを盛り上げられたので、良しとしますか(笑)

で、見に来てくださった、お知り合いの方にはライブ中や終了後は本当に申し訳ないです。撤収準備やらでほんとやばい状態でした。今度はゆっくりお会いしたいです。

終了、撤収
PM3:30までに撤収とのことで、急いで機材分解、梱包。レンタカーにとよしまさんのキーボードと共に積み込み、とよしまさんの大学へ向かう。とよしまさんを機材と共におろし、自宅へ戻る。機材をおろし、レンタカーを返した時点でPM5:00過ぎだったかなぁ・・・PM6:00過ぎあたりに打ち上げ会場に到着。

打ち上げ
打ち上げ始まって1時間半経っていたらしく、すでに皆さん出来上がり(笑)。一部のテーブルに多く集まっていて満員。なので、他のテーブルのタマイさん、ゾイドさん、とよしまさんのところに拉致られる。メイドカチューシャが出回り、それぞれ餌食に(笑)。とりあえず、自分の酒が来たので、もう一度「お疲れ様ー」。でなんだかんだで、「お前、最高!」と言い合いながら、お互いをねぎらう。他の席に私のプライベートの友人2人がいたので、そちらにお礼も兼ねてバカトークと音楽談義で盛り上がる。その友人は、アーケードゲーム最高!な友人なので、今回の12stepの選曲は気に入っていただいたようで良かったです。ナムコのダートフォックスとか、セガのサンダーブレードとか、ストライクファイターのハイパーシティーとか、SDIのシステムダウンとかとかリクエストが出ました。挑戦し甲斐のあるリクエストで、むひー萌える(笑)。
んで、油を売っていると、車搬出組のゆぅのさんが到着。いつのまにか、なおさんもいて、またまた「お前、最高!」とねぎらう(笑)。タマイさんがダウンするも復活。君達!なおさんがいるのに、トークのオイタが過ぎますよ!(笑)。もう悪乗りな君たちに乾杯!
そして、腕相撲大会。なおさんに関節技を喰らいました(笑)。指相撲で再挑戦するも、脇腹、腹筋がつって悶絶。タオル投げられました(爆)
相変わらず、他のテーブルが満員なので、そちらのプレイヤー&スタッフとまともにねぎらうこともできず、そのまま終了・・・すまんこってすm(__)m
飲み会の精算後、そのまましばらく居座ろうと思ったが、サイフに700円ちょっとしか無く、離脱。とりあえず、TKさんとお互いリスペクトされたカシオペアのブラックジョークを演奏しましょう!と確認をしつつ、家路に向かいましたとさ。

と、まあ、何たる長文で失礼しました。
まあ、時間的、空間的、人物的に何か違うかも・・・はご了承願いたい。
次回はスタッフとしてですが、楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

激しく疲労・・・

昨日の月曜日は休みたかったんですが、今週から始まる幕張メッセでの展示会で膾炙が出展するのでその準備で幕張。ここでもまた汗ダク・・・大したことはしてないのに、じっとしているだけで、汗ダク。サーバーラックにイベント用エアコンの冷風を吹き付ける様は、萌えますが、暑さで萎える・・・ネットワーク絡みでトラブル続出。横で「あ、また落ちた」とか言っているのを聞くと、本当に水曜日までに間に合うのか不安になります。

そして、またまた体力消耗。きょうはとっとと帰るぞー!

簡易ライブレポは後ほど・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 28, 2004

ライブ終了!

むはぁーもうみんな最高!ボイスチェンジャー最高(笑)

というわけで、無事、ライブ終了です。荷物搬入の交通機関で一時はどうなるかと思いましたが、当日にレンタカーを借りられて、重い鉄のカタマリ(スタンド、ペダル類)を運搬できました。

12stepでは、自分的に危うい箇所が何箇所かありましたが、演奏しきりました。いいわけですが前日のリハをはりきりすぎて、筋肉疲労で手のひらがつったり、指がつったりでたいへんでした。オマケに、「明日は遠足」病で興奮してあまり寝られなく、疲労が残る中、演奏始まり・・・

汗がダラダラ・・・脱水症状かと思われるほどの汗。目の視界をさえぎる汗。今度は額に汗止めのナニかを着けないといかんですね。

打ち上げでは、サワーを飲んでしばらくして、足がつり始める。ついでにわき腹、腹筋もつって、指相撲でタオル投げられました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2004

ライブだよ!(笑)

今度の日曜日にライブです。

で、さすがに一度も鳴らさず、ライブに持ち込むのは何なので、スネアのシェイクダウンをしました。わかっていたけど木胴の特性を思い知らされました。

盛り上がる前は「これこれ!」といい感じなんですが、周りのパートが盛り上がってデカイ音だと、埋もれる(笑)。スネアの音が周りにはどういう風に聞こえているのかわかりませんが、周りのパートの音圧が「ゴー!」とかうなっていると、それはもう埋もれまくり。なので、チューニングちょい高めでオープンリムショット使いまくり。でも、埋もれ気味。サウンドによっては、スネアを使い分けるという意味を思い知らされました。

金属胴だと、ここ一番のパワーで分があります。工場から出荷されて、一ヶ月も経っていないので、これから数年かけて枯れてくると思うので楽しみではあるのですが。

ライブではマイクで拾うので、何とかなるかなぁとか楽観。かなりオープンな鳴りなのと、スナッピーを当てたら、打面ピッチが高めでも低音がよく出るので、マイクで拾ったらどんな音がするか楽しみ。前回のライブでは所有する14X6半のスネアが異様に音が小さかったので、今回のカスタムスネアには期待。

まだまだ、欲求は高まるばかり・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2004

ネタ

さて、ライブが近づいてまいりました。

ライブがある度に、新アイテムを導入していますが、今回は、こんな一品を導入。

オーダーしました「特注品」シールが目立ちます。

仕様:サイズ13(口径)X7(深さ)、6プライ、ビーチ素材、エッジ角度35度、ヴィンテージウッドフープ、ヌーボーラグ、ホワイトマイカ
今回の目玉は、このサイズでヌーボーラグという新開発のモノにしたことです。某有名ドラマーのシグネイチャースネアドラムに良く似ていますが、細かいところが違います。やっぱり、売ってるやつそのまんまを手に入れるのは芸が無いので(笑)。

本当は、自分のシグネイチャーバッジを付けられるんですが、みっともないので、入れませんでした。
こっちのほうが、かっこいい。

オーダーから、きっちり2ヶ月で仕上げてくれました。GWを挟んだので、入荷時期が延びるかと思われましたが、イイ仕事しています。
ドラムセットと絡めて叩いていないのでわからないですが、かなり特徴のある音になっているかなと(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 05, 2004

ドラマー

いろいろなプロのドラマーの方々がいますけど、今日まで総じて「大嫌い!」と思うドラマーっていなかったんですが、あるインストバンドの新サポートドラマーが、あるドラム叩き放題イベントで大嫌いになりました。そのときはプロでは無かったと思うんですが、とにかく、マナーが悪い。試奏ドラムをコレでもかと叩きまくり、自己アピールしまくり。他のお客さんも試奏したいのに・・・テクニックが凄いのはわかった。だけど、TPOをわきまえないのはいかがなものなのか?そして、今日、ある番組をみて仰天。あるインストバンドの新サポートドラマーになっていました。
曲だけじゃなく、そのバンドのメンバーの人を含めて好きになることが多いので、今回の新サポートドラマーが加わったことによって、?がさらに大きくなりました。ぶっちゃけ、申し訳ないけど、もう聴くことも、ライブに足を運ぶことも無いでしょう。今、行われているツアーでは、好きなドラマーがサポートをやっているのですが、その人がメンバーから始まって、サポートとなって・・・そして、このツアーで見納めだそうです。
残念でなりません。

・・・と書いて、久々に毒があるなぁと(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2004

X箱

だめぽ
これからMyX箱はPSOマシンになるか、分解されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2004

車関係

三菱自動車のほうが、またリコール出しましたね。17万台ですか?販売台数56パーセント減だそうで。せっかくWRCに復帰したのに、どうしちゃったんでしょうか?
私が昔乗っていたスバル初代WRXもリコールがあったんですが、エンジンのファンベルトプーリー取り付けボルトの締めトルクが足りなかっただけで、メーカーの増し締めで対処できました。最悪、高速道路を走っているときに、プーリーがはずれて冷却水ポンプが動かない、水温上昇、オーバーヒート、最悪、エンジン焼き付きでエンジンロック、スピン、大事故となる可能性があります。小さいながらも、リコールの被害にあったことで、他人事ではないですね。
私の中で、三菱自動車はWRCでスバルと競い、お互いを刺激しあいながらHOTな市販車をリリースする熱い会社だなぁというイメージでしたが、もう一度、原点回帰してもらいたい。

| | Comments (23) | TrackBack (1)

« May 2004 | Main | July 2004 »