« やっと環境戻りつつ・・・ | Main | ミミガー »

February 06, 2006

AC電源使うヴィンテージ楽器が危ない

すべての電気製品に当てはまるPSE法。すでに持っているPSEマーク無しの製品の使用には適用されないそうですが、音楽関係で言えば、AC電源ケーブルが直接楽器に入っている電子楽器やアンプ、エフェクター、ミキサー等、ACアダプタでもPSEマークがない物は販売、買取はNG。じゃあ、ACアダプタを交換すればいいってことか?
4月1日からは、PSEマークが付いていない電気製品は販売、買取ができないそうです。営利目的でなければ譲渡は可能らしいですが、そんなわけにはいかないので、PSEマーク無しの電気製品の買取り、販売はNG・・・どこまでが営利目的じゃないのか、グレーですね・・・タダで譲るのはOKなのか(泣)
ようは、修理ができないくらい使い倒せってことか(爆)

|

« やっと環境戻りつつ・・・ | Main | ミミガー »

Comments

オークションとか取り締まりが大変そうですね(藁

Posted by: ※ | February 07, 2006 12:15 AM

個人売買ならOKって話を聞いたような.なのでオークションでの売買が活発になるかもですね.

後は裏技としてすぐに思いつくのが電源を抜いた状態で販売.後から修理って形で電源を載せる方法? 電源工事は無料サービス,とか言ったり,隣に謎の工房があって,持ち込むとこっそり電源載せてくれる,とか.

電源さえ外せば販売可能でしょうから,ヴィンテージショップでは電源外付け改造が必須になっちゃうのかな.場合によっては付加価値を逆手にとって値上げして利益増なんて事もあり得ますねw

さらにその先の法案として「一定期間経ったらメンテするまで起動不可にする装置」の取り付けを義務づけるものも出てませんでしたっけ.「ソニータイマー法」で検索してみてください(笑

Posted by: とよしま | February 07, 2006 12:53 AM

オークションは微妙ですね。どこまでが営利目的じゃないのか、線引きが難しそうです。

電源載せ変えやりますよーとか商売できそう(爆)自分で改造するキットとか出たり、隙間商売が生まれそうです。

一定期間経ったら起動不可装置は、メーカーに余計なメンテ費用を儲けさせる手段として使われそうですね。業界団体の圧力か!?大物家電はいったいどうするのだろうか?非現実的です。

Posted by: チャーリー | February 08, 2006 01:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AC電源使うヴィンテージ楽器が危ない:

« やっと環境戻りつつ・・・ | Main | ミミガー »